hitokoto

nanoca design の今日のひとことです。
<< うちわ展と夏の終わりのお知らせです。 | main | 夏のお手紙 >>
シンガポールからの手紙
4月の20日、突然届いたメール。
タイトルは「CALLING FOR ENTRIES - CALENDAR DESIGN」
ぼんやりとしか理解できない英文...う〜ん
いたずら?何これ?
英訳ソフトで内容を調べてみると、これまたぼんやりとした文章。
変な日本語をざっと雰囲気で読む。

なにやら、nanoca designのカレンダーを本に掲載したいとのこと。
理解はできたが、詳細はわからない。
そうだ、T君は翻訳をお仕事にしてるんだった!
善は急げ!(善かわからないけど)勢いでT君に英訳をお願いしました。
詳細まではっきりわかったけれど、さてさて今度はお返事が書けない...
またT君にお願いして、返事を書いてもらいました。

そうしてMs Euphemiaさんとのメールがはじまり
そしてそして初メールから4ヶ月後、校正依頼のメールが届きました。
途中「in the mist of doing〜」なんて表現もあったけれど
よかったよかった、無事に作業が進んでるようです。
出版されたら、こちらに本が届くそうです。
楽しみです。
T君本当にありがとうございました。
(もう少し真面目に勉強しておくんだった・・・)


家紋カレンダー


襲の色目カレンダー

| - | 23:49 | - | -

nanocadesign top