hitokoto

nanoca design の今日のひとことです。
<< ハロウィンと蝙蝠 | main | 松屋銀座にて >>
胸が高鳴るデザイン
ある白い家具に出会いました。
わぉ! 一瞬で好きになりました。
素材の厚み、高さ、幅、取手の具合などぺたぺたと触って確かめます。
次は、ちょっと引いて全体を見ます。
シンプルなその家具は一見無個性なのですが、
細部に小さな個性を放って、なんとも言えない存在感を醸します。
わー、かっこいい。にやにやしてしまいます。
そして、頭の中で勝手にコーディネイト。
こんな場所にあっても似合うなとか、こんな小物を置いたらとか...
しばらくドキドキしていました。空間の心地よさが体に残りました。
白い家具に恋をしたみたいです(笑)
その日から、白い家具に会いたくて仕方ありません。
文章にドキドキしたり、ギターのジャーンにうっとりしたり
「わっ、素敵」と思うことは多々あっても、家具に恋をする感覚ははじめて。
家具に!変かなぁ、わたし・・・

大巨匠デザイナーがある雑誌で「胸が高鳴るようなデザイン」
という表現をされました。
手帳にメモしたその言葉は、ずっと心に置いたままでしたが
このたび体感できましたー!
胸が高鳴って口から何か出そうです、巨匠〜!
この気持ちを何に落とし込んだらいいでしょう。
新作か!?

nanoca designの作るものに恋をしてくれた人はいるかしら。
そういえば「このデザイン好きです」の告白はあったなぁ(にんまり)
恋までしなくていいのですが、目にしたとき、手に取ったときに
ふわっと自然に笑顔になってくれたら、それはそれはうれしいことです。

秋のはじめ、少し詩的でお恥ずかしいですが
今夜はデザインと恋のお話でした。




nanoca designのシンボルチェア/LCW



小さなショールーム/nanoca designのプロダクトがご覧いただけます。

| - | 19:09 | - | -

nanocadesign top